10≪ 2007/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-11-29 (Thu)
ちょいお久の更新ですとろろ
今週末で術後3週間を迎えます。順調に経過しているようで、嬉しいです

術後10日目頃から職場復帰。
人数が足りないとのことで、婦長さんの変わりに出勤してました
こんな私、婦長さんの変わりでいいのかい

術後2週間目、先週の3連休ですね。
この連休は伊勢の方へ旅行に行きました
小さい時に行ったことあるなぁって親に言われてましたが、はい、ワタクシ全く記憶がござーせん
記憶がないので、今回の旅行は初・伊勢
お伊勢さん参りをしてから、おかげ横町、おはらい町をたーーーーんと堪能致しました
旅館では、12種類のお風呂を満喫
後で知ったんですが天皇一家も泊まった旅館だそうで
料理は伊勢海老をたっぷりいただき、お腹ぱんちくりんになりながらも晩ご飯全部平らげました

子供が出来なくて焦ることもあるけど、こういう風にの~んびりと旅行できたりするのって贅沢なことですね。
二人の時間を大切にしようと思いました


ちゃんと高温期維持できるかな~と不安でしたが、今日で高温期10日目になります
体温は36.8℃前後で日々の体温差はあまりなく、今までとは違って体温が安定しています。
これも手術の効果だといいな~
お腹のキズはかさぶたになってたので、剥がしたくなって
ぺろ~んって3箇所剥がしたら、もうあんまり目立たなくなってました
くしゃみや咳もおもいーーーーっきりできるようになったし、体調は元に戻ってます

いよいよ今週末、旦那と一緒に手術のVTRを見に行きます←楽しそうだし


スポンサーサイト
| ラパロ周期 | COM(17) | TB(0) |
2007-11-21 (Wed)
術後11日目
月曜日の診察以来、基礎体温測定を再開しました
月曜日にたまごっちが排卵できる大きさだったんですが、その日の夜にかなり卵巣辺りが痛くなって、翌日には痛みは消えていました。
それと共に、体温が今朝から上がっているので、自然排卵してくれたのかな~と思います
てか、思いたい

昨日、火曜日から仕事にも復帰しています
勤務は午前中だけなんですが、昨日は検査が多かったので、かなり忙しく午前の診療時間をとっくにオーバーしていました
手術をしてから疲れやすい感じがして、昨日は帰宅してから昼寝コース…
今日も勤務でしたが、昨日上がるのが遅かったので今日は早く上がらせてもらえました上


さてさて。最近急に寒くなってきたので、そろそろ今シーズンも冷え性対策を徹底しなければなりません

今、している対策は・・・

鍼灸院で鍼治療
鍼灸師の先生オススメのお灸を2日に1回する(お灸を据える箇所は先生の判断で)→ちなみに使っているお灸は大和漢 柔 マイルドタイプです。
5本指靴下(コレ、基本ですよね
腹巻き(ポッケにはママンからのお守り入り)
こんにゃく湿布(暖かさにほんとびっくり
ゲルマニウム温浴(毎晩)
足湯
毎朝、毎晩『サンシュユ』を飲む
小腹が空いたら生姜の佃煮を食べる(ほんとすぐ温まります

こんな感じかな~。。。
私は治療を始める前はかなりの冷え性で、基礎体温も35℃代でした。
冷えないように気を付けること1年で、体温がかなり上がりました
冷えてるベッドよりも、温かいベッドの方がベビちゃんも寝っ転がりたいですよね
でも、冷え性って気を抜くとまたすぐに元に戻ってしまうので、全部できなくても毎日どれかを続けて気を付けたいですね

みなさんがしている対策で、これいいよ~てのがあったら、教えてくださ~い
| 妊娠するために | COM(16) | TB(0) |
2007-11-19 (Mon)
術後9日目
今日は術後経過と、たまごっちの様子を診てもらいに行ってきました

そそ。先週した採血の結果、ヘモグロビン値もまだ少ないかな~と言う感じだけど、一応基準値に入ってました

キズの治りもいいそうで、今日からやっとお風呂解禁です
急に寒くなってきたので、湯船に浸かれるのは嬉しい

たまごっちの様子は…
なんと20.8㍉
注射しないと大きくならなかった、ガンコな私の卵巣&たまごっち。
それなりに、ラパロの効果が出てくれているのかしら…
内膜もすごく厚くなってるそうで、卵胞もキレイだそうです

かなりチャンスなんですが、今回は術後ということもあって、
卵巣に刺激を与えたくない(出血もひどかったので)
自然排卵するかどうかを見たい

という理由からいつものHCGは中止。タイミングも取らずに次の周期から頑張りましょうとのことでした。

今回妊娠してもそう影響はないらしいですが、先生は卵巣を休ませたいです。

内膜も厚くなってるそうなので、あと2週間もすれば生理が来るということでした
次は、生理が来たら12日目頃に卵胞チェックです

あと、旦那が休みの日に手術のVTRを見に行きます

自分のお腹の中、か・な・り 楽しみです




| ラパロ周期 | COM(19) | TB(0) |
2007-11-17 (Sat)
祈る早いもので、ラパロを受けてから1週間が経ちました

だいぶ、調子も戻ってきて今朝は普段通り掃除もできるようになりました
基礎体温は36.4℃くらいなのに、動くとなんか芯から熱い感じやな~と思って体温測ってみると、微熱。。。

代謝が上がってるのか
それとも術後だからか
自分の身体なのに、よくわからんですorz

キズの痛みもほとんど感じなくなって、かゆくなってきました
嬉しいけど、掻けない…絵文字名を入力してください
でも、キズのことを忘れてくしゃみをしてしまったら…吠えるくらいに激痛ですな。。。
くしゃみはもうしばらく、寸止めじゃないとね

キズは皮膚の内側から縫っているそうで、抜糸とかはありません。
術直後からすでにかさぶたのようになってました

お風呂の許可はまだ下りてなくてシャワーだけですが、冷えるので膝の辺まで浸かってます


退院した翌日(11/13)に、いつも通っているクリニックに診察に行きました。
キズを診てもらって、採血をしてもらいましたが貧血は術後よりも進んでいませんでした
内診もしてもらいましたが、中で出血してる様子もなく、腹水も溜まっておらず、経過は順調だそうですjumee☆shy1
術前には全く見れなかった卵ちゃん、この日の診察で右卵巣にぽちっといてくれました
まだ大きさは半分くらいですが、手術するまでは他の卵も一緒にぽつぽつ出来てたけど、今回は見事に一つだけ居座ってました
周期はかなり遅いですが、先生はこの卵を自然で様子みていく、ようなことを言っていました。

また月曜日に受診です

そうそ、前にブログに書いた従姉の出産祝い。
今日大安なので両親はお祝いを持っていくそうですが、
←親 『ゆめはどうする?行く?もう行かんでえぇか、なぁ。』と言われ、即答で
えぇわ、行かん と答え、私達夫婦の分を預けました

旦那も、『ムリして頑張らんでえぇ』って言ってました


話がちょっとそれましたが、来週からは仕事復帰だし風邪ひかないように、気を付けなきゃ~
急に寒くなってきたので、皆さんも風邪引かないように気を付けてくださいね~ひよこ






| ラパロ周期 | COM(9) | TB(0) |
2007-11-15 (Thu)
退院予定日の朝、まだ微熱がありましたが『熱でしんどい…』という感じもなかったので、帰る気マンマンで化粧もして、荷物もまとめていました

9時頃、看護師長さんから退院時の書類をもらって、外科の主治医と麻酔医の診察を終え、退院手続きとなりました。

9:30頃、お父さん到着~
荷物を運んでもらって、私は会計へ。。。

部屋代(二人部屋) 2泊3日→10500円
食事代(術後1日目から4食)→1040円

を、含めて
約¥120000円でした

思ったよりも、少なくてびっくり

保険会社からの入院・手術給付金と、高額医療費の支給も申請するので、プラスになるかと思います
お金がプラスで手術できたなんて、すんばらし~~~~~~


私一人で自宅に帰っても何にもできないだろうとのことで、実家へ
長時間立っていると、まだしんどかったので昼ご飯を作ってもらいました。
晩ご飯もうちで食べたらいいよと言ってくれたので、仕事の終わった旦那も合流し、
晩ご飯後に旦那と自宅へ戻りました。


手術から5日経った今、だいぶふらつきもなくなってきました。
病み上がりのようなだるさはありますが、少しずつ家事をしている感じです
旦那も家事を手伝ってくれ、お義母さんも気にかけて電話してきてくれています。
私の実家が近いので、お母さんは毎日おかずを作ってきてくれたり、掃除を手伝いに来てくれています。

みんな、手伝ってくれたり、気遣ってくれて本当にありがたいですハート


| ラパロ周期 | COM(14) | TB(0) |
2007-11-14 (Wed)
術直後に旦那がベッドサイドで私に『4時間もかかった』と教えてくれたみたいですが、私はものすんごい睡魔に襲われて全く知りませんでした。
ICUから元の病室に戻って、旦那からのメールで知りました。

4時間もかかったんだから、きっとどこか悪くて、摘出とかしなきゃいけなかったんだ…
もう子供ができない身体かも…
旦那が面会にくるまで、熱に耐えながらそんなことを考えていました。

術後鎮痛剤が処方されていたので、そのお陰もあってか、旦那が来た頃には少しだけ熱が下がっていました。

旦那から結果を聞きました

癒着、内膜症はほとんどなく、子宮、卵管、卵管采ともに全く異常なし
先生も疑ってた卵管采の位置も、ちゃんと卵巣を包んでいて、卵をキャッチできる位置にあったそうです。生殖器の周りに、化学物質の付着もありませんでした。

問題は、卵巣…
左から穴を開けていったそうですが、開けた途端に穴から出血
止血しようとすればするほど、出血がひどくなっていたそうです。
次の穴を開けても同じように出血、そして止血…
と、ほとんどが止血作業だったそうです。

右の卵巣は穴を開けなくてもいい状態だったそうで、左の卵巣の出血のこともあるから右もそうなったらイヤやな~と先生は悩んだそうですが、せっかく手術してるし穴を開けると同じく出血。。。

出血しやすい体質もあるみたいなんですが、いわゆる『卵巣出血』の一歩手前の様な状態になっていたそうです。

トータル出血400mlやったかな??
開腹手術をした時くらいの出血量でした

それを聞いて、やっとこのしんどさが理解できました。
ヘモグロビンの値も基準値よりも下がっていて、鉄剤が処方されました。

不妊原因は私も先生もてっきり、卵管采の位置が悪くてピックアップ障害かな?とか思っていたんですが、まさかこんな結果だとは。。。
卵巣以外の生殖器が正常で安心しました。
こんな状態の卵巣から排卵した卵は、排卵した後に力尽きて死んでいた可能性が高い、とのことでした。
受精以前の問題ですね。

手術したことにより、今後の排卵や妊娠には問題ないそうです


旦那からの説明を聞いたあとは、手術を待っている間のことを聞きました。
予定では約2時間だったので、家族控室で旦那とお母さんはテレビを見ながらべらべら喋っていたようです。

16時頃になって、そろそろかな?と思っていたけど一向に出てくる気配がない。
それから1時間経ってもなかなか出てこないので、もう旦那とお母さんは喋らなくなっていたそうです。
『何かあったんじゃないか…』『どうか無事に終わりますように…』
そう思いながら、二人ともハンカチをずーーーーーっと握りしめて待っていたそうです。
その時の1分1分がすーーーーーごく長くて、精神的に本当に辛かったと言っていました。
身内に手術を受けた人がいない旦那とお母さんは、本当に心配だったそうです。
最後の方は、お母さんは涙を拭いていたそうです

予定通りに終わればこんなに心配することもなかったかもしれないけど、大切な人に本当に心配をかけてしまいました…
私が反対の立場でも本当に心配しただろうし、ごめんね…ごめんね…という気持ちでいっぱいでした。。。


次の日は旦那もお母さんも仕事なので、夕方には帰っていきました。
晩ご飯の時間くらいから、少し身体もらくになりました。

寝る前に抗生剤の点滴を受けました。








| ラパロ周期 | COM(7) | TB(0) |
2007-11-14 (Wed)
昨日の続きです。

手術予定時間は14時からの約2時間だとされていましたが、手術室から戻ってきたのはなんと18時
そう。約4時間の手術でした。。。

気付くとICU(といっても、たいそうな所ではなく、術後の患者や、気を付けないといけない患者が入る所)のベットの上でした。
看護師さんや、先生、旦那やお母さんが私を取り囲んでいるのはうっすらわかるんですが、返事をするのがやっとでした。夢なのか、現実なのかよくわからない、そんな感じでした。

しっかり目を開けて、ちゃんと返事したいのに、それはそれは眠たくてねむたくて…

この辺のことはあんまり記憶がないんですが、後から先生に話を聞くとちゃんと返事をしていたようです。
看護師さんが点滴を替えてくれたり、熱を測ったりしていたのはなんとなく覚えていますが、ひたすら眠り続けていました。

しっかり目が覚めたのはそれから9時間後の翌朝3時頃でした。
それまでほぼ起きることなく眠ってました

夜中3時に目が覚めたら点滴が終わっていて、看護師さんが外してくれました。
酸素マスクもいつの間にやら外されていて、そういえば夜中に『もう取りましょうね』って看護師さんに言われたような…

喉がものすごく渇いていたので、看護師さんがお茶を飲ませてくれました。
1日以上ぶりのお茶で、すごい美味しく感じました
意識もしっかりしてきたけど、キズの痛みはあまり感じませんでした。
ずーーーーっと寝ていたので、キズよりも腰が痛くて、早くも寝返りを打ちながら再び眠りに…

しかし、隣の高齢患者さんのうめき声で何度も起こされ、朝7時頃まで熟睡できませんでした。

朝7時頃、心電図と尿管を取ってもらいました
入院日に入った病室へは9時に戻る予定でしたが、隣のうめいてる高齢患者さんのこともあって、看護師さんが早めに元の部屋へ移してくれました。

元の部屋に戻って、さぁ~身体拭いて、歩くぞーーと動く気マンマンやったんですが、立ちくらみ、めまいで思うように動けず…
とりあえず身体を拭いてパジャマに着替え、お茶を飲んだり休み休み動いてました。

気付くとテーブルの上に紙切れが。
術直後、ほとんど寝ていて話せなかったので、旦那がお手紙を書いてくれていました。
読んで一人でニンマリ

そうこうしているうちに朝8時、朝食が運ばれてきました。
この日は五分粥食。。。THE 病院食って感じでしたね

朝食が終わって、トイレに行くと生理様の出血がありました。

少し動くと動悸と息切れがすごくてめまいもあったので、トイレに行く以外はずっとベッドで休んでいました。この時まだ私は手術結果を知らないので、『なんでラパロやのにこんなしんどいんかな?』とちょっとやな予感がしていました。
10時、検温で熱が38℃越え
結構しんどかったです…

それからなんとかお昼御飯を食べて寝ていると、面会可能な時間になって旦那が来てくれました。
それから、意外な結果を聞くことに…

つづく…


| ラパロ周期 | COM(9) | TB(0) |
2007-11-13 (Tue)
11月10日(土)   入院日&手術の日です

午前10時に病院に来るように言われていて、旦那と共に10分前に到着
受付に入院申込書を提出し、しばらくして入院する部屋に案内される。
希望してた通りの二人部屋ヤッタぁ

10:30
看護師さんから病衣を渡され、上半身は下着を脱いで着用するよう言われる。
着替え終わり、持ち物を整理していると看護師さんが来て、検温。
検温してる傍で、旦那は早くもお腹が空き、持ってきたお弁当を食べ始める汗;
私の方がよっぽど腹減ってるんですけどーーーーがっくり

ここにきて、37.4℃の微熱オペできるのか
データベース(今までの経緯や、家族構成など患者の情報)を聴取され、術前の点滴開始。
この点滴をしたまま手術室へ行きます。

点滴が入った後は、剃毛(毛ぞり)と臍処置(ゴマ取り)。
入院中のスケジュールを説明されて、手術予定時間は14時からの2時間だとのこと。
術前処置は終了したため、午前中はフリーに
でも、麻酔医や看護師長、などいろんなスタッフが次々に来てました。

12:00
お母さん到着

13:00
麻酔の効きを良くする点滴をする
眠たくなって、口が渇くようになると説明を受け、10分くらいしたらウトウトしてました。
起きたら血栓予防のストッキングを履くよう言われる。


14:00
看護師さんが来て、手術室へ寝たままベットごと向かいます。
手術室の入り口前で旦那さんとお母さんに手を振り、いよいよ手術室へ。。。
出棟時、コンタクトを外していたので周りの状況が全く見えませんでしたが、手術室へ入る時、旦那とお母さんの声が少し震えていたのを感じました泣き顔


手術室に入り、手術台に移る。
看護師さん、麻酔医がスタンバってて、お話しながら準備を進める。
手を広げて台から落ちないように固定したり、心電図のシールを胸に張られる。
『麻酔の薬を入れますからね~ちょっと痛いですよ~』と麻酔医に言われ、
どこが痛いん?!と思っていたら、鼻と口を覆うくらい大きなマスクを被せられ、もうそこからの記憶はございません


つづく…






| ラパロ周期 | COM(2) | TB(0) |
2007-11-13 (Tue)
予定通りのスケジュールで、
昨日退院しました

傷の痛みもあまりなく、今はぼちぼち家事に戻っているところです。
術中出血がひどく、貧血が進んでいるのでまだまだ本調子ではありませんが、ひとまずお知らせだけでもできればと思って、更新しております。

手術が決まった時からいろいろ情報をくれて、話を聞いてくれたさくらちゃん
お守りを持たせてくれたななさん
心配してメールをくれたひなさん ことりちゃん
術前から応援のコメントをくれたてっちーさん ホノカちゃん sasaさん kotomitoさん まろんみぃさん まちゃりさん coucouさん citrusmintさん いちご☆ラテさん マリンちゃん 螢夏ちゃん poohちゃん
その他、応援してくださった皆さん、

ありがとうございました
とっても心強かったですハート


今日は退院後初、いつものクリニックでの診察でした。
いつものルートなのに、やはり少し疲れました焦る3
少し休憩して、また手術のことを追々書いて行きたいと思います


| ラパロ周期 | COM(13) | TB(0) |
2007-11-09 (Fri)
手術予約から、半年待ちだったラパロ。
それが、ついに明日になりました
手術決定から、ここまで本当に長かったー
この手術待ち半年の間に妊娠して、キャンセルできたらいいな~と淡い期待を抱きながら、いつも通りの治療をしてきましたが、結局ラパロを受けることになるってことは、それなりに不妊原因があるんだろうな~と思っています。

昨日の夜は、なぜか急に不安になってきてなかなか眠れませんでした
なぜに昨日?て感じですが


と、いうことで(どういうこと??)
明日から入院してきます←余裕ぶっこいてそうですが、実は小心者なので若干緊張、不安でございます

病名 『多嚢胞性卵巣』『不妊症』
術式 『腹腔鏡下卵巣表面焼灼術』 全身麻酔

入院    11月10日 10:00~  2泊3日
手術日   11月10日 午後から
退院    11月12日 予定


です。


入院に必要なものを大体準備しました

病院のパンフレットに書いていたもの
●入院申込書、保険会社の診断書などの書類
●保険証
●印鑑
●洗面用具
●パジャマ
●下着(生理用ショーツ2枚を含む)
●夜用ナプキン5つ(術後出血の対応)
●スリッパ
●フェイスタオル
●バスタオル
●ティッシュペーパー
●湯呑み
●ポット
●お箸、スプーン
●テレビのイヤホン


私が追加で用意したもの
●ウエットティッシュ
●髪を結ぶゴム(手術へ向かう時に髪を束ねるので)
●メガネとメガネケース(普段はコンタクトですが、術中は外します)
●洗顔用バンダナ
●i pod(ヒマそうだし~)
●ビニール袋(洗濯物入れ)
●時計
●パジャマの上に羽織るもの



これくらいでいけるかな?
手術用の下着とかもいると思うけど、何にも言われてないのでたぶん病院の売店で買うように言われそうな気がします

術後すぐにはシャワーの許可がでないだろうから、お風呂セットは用意していません。

私が留守の間に、家の事はそんなにすることがないかな~と思っていましたが、日にちが迫ってくると、
あれしといた方がいいかも~。あ、コレもしといた方がえぇな。てことが結構でてくるもんですね

手術前日は夜九時以降絶飲、絶食
もちろん、当日の朝も絶飲食です。

大食いで、食べる事が大好きな私が、耐えられるかしら…



顔も知らない人のことなのに、心配して応援してくださった皆さん、お友達のみんな、ありがとう

ママになる一歩として、頑張ってきます
それでは、次は退院後、復活したらまたお会いしましょう




| ラパロ周期 | COM(9) | TB(0) |
2007-11-06 (Tue)
みなさん、昨日はダークな記事に、温かいコメントをたくさんありがとうございました
ついつい上を見がちですが、仲間がいるって有りがたいですね


いよいよ今週末となった、ラパロ 
そこで今日は麻酔科の受診に行ってきました

説明の紙には、
『術前検査の結果や、麻酔の説明をさせていただきます』
と書いてあったので、検査結果を聞くのがちょっと楽しみでした

が、診察内容はカルテをぺらぺらとめくって、2~3コ質問されただけ。
あとは、手術室に行くまでに点滴をして~そのまま出発します。とか、当日の流れをちょちょっと。
そんなの、看護師さんからの説明でいいんじゃない?早く検査データの説明を
と思ってたら、
『あ、看護婦さんなんですね』と。
で、私『はい、外科で働いてたので流れはわかります』
って言ったら、麻酔の説明の途中で
『じゃー、その先はいいですね~はは~』
って終わり。。。

そこからは、これって診察?って内容の会話。
どこの病院で働いてた?って聞かれて答えたら、あそこの院長と知り合いでね~とか、
今の不妊クリニックの院長も知り合いでね~とか。。。
で、私の前の職場が今結構ごちゃついてて
『あそこってどうなるの??』とか聞かれて
そんなん知らんしって感じでした

電車とバス使って片道1時間以上かけて行ってるのに、全然診察っぽくなくて、こんなんやったら術前検査の日にまとめてやってくれ~って感じやったんで、

『検査データはどうでしたか?』って聞きました

そしたら全部見せてくれて、全て問題ありませんでした
中でも栄養状態ははなまるだそうです
『えぇもん食べてんなぁ~』って言われました

本日のお会計
330円
滞在時間15分。。。
移動時間、交通費の方が多くかかってるし


入院当日は10時に病院に行く事になっていて、昼からの手術です。
当日は入院申込書、お部屋の申込書を提出します
あ、検便も持っていくの忘れないようにしなきゃ

入院前にまた、持ち物なんかも書きたいと思いま~す



| ラパロ周期 | COM(22) | TB(0) |
2007-11-05 (Mon)
おはようございます
今日はすっきり晴れるでもなく、どんよりと曇ってます。
そう、私のココロもです、はい。。。

先日、学生時代からの友達にばったり遭遇。
その子とは部署は違うけど、職場の病院は同じでした。
今年ベビが産まれてママになったとは聞いてたけど、住んでるところもわからず、お互い退職してそれっきりに…

治療を始めてから、『子供もできないなんて』と自分が女性として不良品のように感じられて、子供のいる友達とは自分から距離を置いていたんですね。

それが先日ばったりと会って、もちろんベビちゃんも居て。
前の私なら、知らない妊婦さんや子連れの家族を見るだけで海よりも深いブルーになってたんですが、
この時は自分でも不思議なくらいに、自然と接してました。
しかも、ベビちゃんが透き通るくらいの色白で超かわいかった

ほんとに一瞬やったけど、たっぷり癒された気がしました



問題は今朝ですよ、奥さん。

毒吐き入ってるので、見たくナイ方はここでストップしてくださいまし。。。



















前からちらっと聞いていた、従姉の妊娠。
この従姉、私の以前のブログにもよく登場してたので、知ってるお友達もいるかと思いますが。

小さい頃はよく一緒に遊んでた仲良しの従姉やったのに、
大人になるにつれてあんまり好きじゃないな~と思うようになってきました。
というのも、何でも自分基準で考えるんです

自分が結婚決まったからって、私が旦那さんと付き合ってる頃には
『結婚まだなん?』
で、私が結婚して新婚旅行から帰ってきたら
『赤ちゃんできた?』←でき婚じゃない限り、普通に考えてもそんなはよできるか
新婚当時、ほぼ毎月この質問をされてました
その時私は治療をしておらず、生理がなかなかこないし子供が出来にくい身体なのかな?と心配になってた時期だったので、この言葉はかなりきつかったです。

ちなみに従姉は結婚後半年で第一子を妊娠。
子供が1歳になる前に第二子を妊娠ですよ
どんだけ早いねん
そして最近第二子が産まれたからって、今朝、メールで報告を受けました。


そんな辛い思いをしたことがあるからか、従姉の妊娠も出産も喜べない自分がいます。
ばったり会った友達の妊娠や、ベビちゃんはとっても可愛く見えるのに、
この従姉のおめでたい事だけはどうしても素直に受け止められません

しかも、こういうすんなり妊娠した人に限って、出産までもなんの問題もなくすんなり過ごして、お産も安産やったりするんですよね


他の人の妊娠は喜べるのに、この子だけは喜べない、とか…
みなさんはそんなことってないですか?

はぁ。。。性格悪いですね

『また赤ちゃんの顔見に来てね』ってメールに書いてあったけど、
行けないと思います。
てか、行きたくないな。。。

自分は不妊で手術するのに、ベビを抱いた従姉、そばには1歳半の上の子まで居るんだろうな。
胸が締め付けられそうになります。

すんなり妊娠する人と、一体何が違うんでしょうね。
いろんなものを犠牲にして、痛い思いもしてるのに、それでも自分たちが欲しくて欲しくてたまらないものを待ち続けてるのに、それを隣で簡単に手に入れてる人がいたら、本当に辛いです

メールの返事は、とりあえず返したって感じです。かなり淡泊メールです。


手術前でイライラしてるのかなー

笑って過ごさないと、いい気が逃げてしまいますね
スマイル、スマイル←なんか古い感じもしますが…


吐きだして少しすっきりしました
こんないや~な記事を最後まで読んでくださってありがとうございました




| ベビ待ちの気持ち | COM(18) | TB(0) |
2007-11-01 (Thu)
周期11日目。

今日は入院先の病院へ術前検査を受けに行って来ました

いつも通ってるクリニックも自宅からはちょい遠いんですが、入院先の病院はそれよりもさらに遠いので、移動だけでも疲れちゃいました

名前は聞いたことあったけど、一度も行ったことのない病院だったので、
着くまではドキドキ

キレイな病院でした
病室には液晶テレビも付いてるらしい
でも、それって今は普通なのかな??
前に勤めてた病院がケチな古い病院やったので、
キレイな病院で若干テンション上がり気味

始めに外科の先生の診察。
って言ってもこれだけ??て内容の診察でした

『今、調子悪いとことかありますか?』
『腹腔鏡の手術ですね~はい、じゃあ検査まわって下さい』
チーーーーーーン。終了~~~~~~~

で、検査は

●身長、体重測定
●血液検査
●尿検査
●検便(後日提出)
●心電図
●肺機能検査
●レントゲン


でした。
ホント一般的な術前検査って感じでしたね。
あとは看護師さんから入院に関する説明を受けたり、
必要書類をもらって終わり

そしてお会計。。。
7070円 

これ、保険効いて、ですよ。。。
検査って高いですねー

検査を受けたり、希望の病室を決めたり着々と準備が進んでいくと、
いよいよやなぁ~って感じです。

はぁ~
やっぱり大きな病院は、検査だけでもあっち行ったり、こっち行ったりして疲れますね
通院で疲れ、受診で疲れ。。。
帰宅後は3時間も昼寝してしまいました

最近、体力の衰えを感じます
こんなんで疲れて、手術に耐えれるんかいな


次は来週、今日の検査データを元に麻酔科の先生の診察に行きます






| ラパロ周期 | COM(12) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。