07≪ 2017/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-03-04 (Wed)
ゆーたんがお腹にいるとき、夫婦でこんな会話をしていました。

『ゆーたん(その頃はアッキーでしたw)、血液型何型かなぁ』

『私Oで、○○(旦那)AやからAしか産まれへんやん

そう。。。
私はOOのO型で、旦那はAAのA型なので、ゆーたんはAOのA型しかないのです。

A型の女の子というと、私のイメージとしては

几帳面で優しくて可愛らしい女の子


私が出産した産院では、ベビーの血液型を調べてくれるのです
A型だってわかってても、やっぱり楽しみでした♪

産後、授乳室での授乳が終わって部屋に帰ろうとした時、師長さんから
血液型など、ベビーの諸々の検査結果が出たのでちょっと待ってて。
と言われ、一人で待ってました。

いろいろ説明されて、
『これがベビーちゃんの血液型なんですけど…』と言われ。。。

『ベビーちゃん、B型って出てますけど…

なんですって?????

目が点になるって、こういうことを言うのかしら。。。

どゆことですか?

私は出産前の血液検査で確かにO型って出てる。
旦那もA型と言っている。

もう一度調べますか?と言われましたが、
ベビーの血液型は臍帯血から採ってるので、将来変わることもあるし、
今もう一回調べたところで変わらないと思います、と。

それよりも、旦那さんを調べたほうが…と言われました。



……もう、お気づきかな??

旦那、29年間A型だと思ってたのに、このことがあって産院で調べたらB型でした

そんなことってあるーーーーー?!

お義母さんに確認しても、『生まれたときはA型やった』
旦那も献血したことないし、入院したことはあっても血液型調べたことはなかったと。。。

というのも、義両親が二人共AB型なんですよね~
なので、『ベビーの血液型は臍帯血で調べるので、変わることがある』
このことが、旦那に起きたのでしょうか??

自分の息子が実はB型だったと知ったお義母さんは、
『アンタB型やったん~』
そんだけ? 反応、薄でした。。。

私は驚愕でしたけどって、当の本人が一番びっくりで、
ショックだったみたいですw

旦那の周りのB型さんはあまりいい人がいないらしく、B型男性のイメージとして
『短気、自分勝手』というのがあったみたいです。
なのに、自分がそのB型だと判明したもんだからショックやぁ~~~
と言っておりました。

世のB型さん、ごめんね

そして、A型の女の子だとばっかり思っていたゆーたんは、BOのB型でしたw

B型の女の子というと、『女の子なのに、きつい』と言われるみたいです
私もそんなイメージがあります。。。(B型の人、ごめんね)
でも、こないだ記事に書いた結婚した友達は、B型だけどほんわかしてて、おっとりしてるし、
育つ環境や周りの影響にもよるよね~

O型でも私みたいにキツイ人もいるし


…と、こんな事実が判明したのでした。。。

もし、奇跡的に2人目、3人目を授かれたとしても、
生まれてくるのはみんなB型…
O型の私が振り回されるのかしら…





スポンサーサイト
| 出産 | COM(13) | TB(0) |
2008-10-01 (Wed)
前回レポよりかなり間が空いてしまいましたが続きです↓

術中かなり痛い思いをしましたが、術後も予想以上に痛かったです。
まず①腰痛!術後は翌日まで絶対安静で、ずっと仰向けのためにかなりの腰痛でした(>_<)
そして②傷の痛み!麻酔が切れてくるにつれて、お腹の傷の痛みが増してきます。何もしていないし動いてないのにズキンズキン痛みます(>_<。)
痛み止めを使えると助産師さんから言われましたが、一度使うと8時間空けないと次使えないので、夜寝る前まで我慢して、夜ぐっすり寝れるように眠前に使うようにしました。
が!!腰痛とダブルなので我慢するのも汗が出てきました(T^T)
次は③後腹!大きな子宮が元に戻る痛みです。
子宮にメスが入ってるので、痛みも倍増し強烈でした(;_;)
帝王切開の場合、普通分娩より子宮の戻りが悪くなるそうなので、点滴の中に収縮剤が入ってます。
なので余計に痛かった…ベビに会えた後、ひたすらこのトリプルの痛みに耐えるのはかなり辛かったです。痛みが一瞬でも和らぐということがなく、ひたすら続く痛みに耐えました。
今までに経験したことがない痛みで、声が出ました(x_x;)
隣の病室の人も帝王切開で、痛みで吠えてました。術中は三途の川が見えたそうです(^^;)
痛すぎ&術後の疲れで話すこともしんどかったです。
でも、不思議なのは娘を連れてきてもらうと痛みが少し和らぎました(〃▽〃)

寝る前に痛み止めの座薬を入れてもらいましたが、入れるのも大変!
傷が痛くてお尻が上がらない…何とか入り、夜は二時間くらい寝れました。

翌日朝方からベッドの頭元をあげたりして、昼からは尿の管や点滴が取れて、歩行開始。産院は全室個室でトイレ付きだったけど、傷が痛すぎてトイレに行くのも大変。
毎回汗だくです。まず、体勢が変えられない!何とか我慢してベッドに腰掛けるところまでできても、立ち上がれない!立ち上がれても、痛くて一歩が出ない(x_x;)普段何気なくしている動作って、こんなに筋肉使ってるんやなぁ…
かなりの前傾姿勢でなんとか歩行(*_*;
お腹切るってこんなに大変なんやぁ(;_;)
安静度は翌日まで部屋の中のみでした。

術後二日目からはトリプルの痛みにプラスして、④頭痛が出てきました。麻酔の副作用です。起きると出て、横になると治まるのが特徴で、授乳時や食事が辛かった(x_x;)。安静度により病室で授乳開始。

術後三日目。
安静度が病室外もOKになる。が、頭痛がひどいため授乳室ではなく部屋で授乳。
まだまだ傷も痛いが前日よりは歩けるようになっている。

術後四日目。
傷の痛みはあるものの、だいぶ動けるようになった&頭痛もマシになったため、母子同室を始める。

術後五日目。
体がだいぶらくになったので、昼間は母子同室にし、夜中は助産師さんに預けて授乳だけ参加する。調乳指導を受ける。
傷口に防水テープを貼ってシャワー開始。

術後六日目。
採血、検尿、体重、血圧測定。外来にて内診。
沐浴指導、退院指導、リフレクソロジーを受ける。

術後七日目。
傷口の診察、抜こう(傷口を止めていたホチキスの芯のようなものを抜く)の後、退院。

帝王切開を経験するまでは、自然分娩できないことがショックだったり、陣痛から逃げて痛みなく出産できるイメージがありました。
普通分娩しか経験のない方の中には『楽して産めていいね』なんて言う人もいますし、私も産前は少しそういう思いもありましたm(_ _)m
だけど実際に経験してみて、帝王切開だってこんなに大変なんだ…やっぱり出産ってどんな形であれ大仕事なんだと思いました。
産後は手術によるいろんな痛みに襲われたり、体調が戻るのも普通分娩の人に比べたら日数もかかります。
体調が万全でないままベビのお世話が始まり、休みたくてもゆっくり休めず連日寝不足になるので、体が慣れるまで退院して二週間(術後三週間)くらいが一番身体的にも精神的にもしんどかったです。

それ以降は育児を楽しむ余裕が出てきました。

※ちなみに産後1ヶ月検診で経過は良好。体重も妊娠前に戻りました☆
自転車に乗ること、お風呂もOKになりました(^-^)(それまではシャワー)

思い出すままに書いたので、読みにくくてすみません(^^;)
それから、お返事できないのにコメントいつもありがとうございます(*^_^*)
| 出産 | COM(7) | TB(0) |
2008-08-25 (Mon)
皆さん、たくさんのお祝いコメントをありがとうございました(*^_^*)
一人一人お返事を書きながら、いっぱい皆さんとそれぞれにお話したいことがあるんですが、今はなかなか難しいので、お返事書けませんが、大切に読ませて頂きました(*^-^)

さて。出産レポ②です。この日は『戦い』でした…

当日朝8時頃、浣腸。
9時以降水分摂取ストップ。
9時頃外来で膣洗浄。子宮口はもちろんガッチリ閉じたままでした。
10時、術前輸液開始。旦那が来るが、やることがなく二人でうとうと(_ _).oO

13:30 院長から手術説明を受け、承諾書にサインする。
14時、『今から手術なので行きましょう』と言われ、慌てて下着を脱ぐ( ̄□ ̄;)!!旦那と母に手を振り、歩いて分娩室へ向かう。

全裸で手術台へ登る。周りのスタッフに見えないように配慮して欲しかった(>_<。)
心電図、血圧計、尿管をつけられたところで先生登場。背中を丸め、麻酔薬を注入。
しばらくすると、足先がビリビリし暖かくなってくる。 麻酔薬がみぞおちまで効いてきてるかを確認していくが、どうも左半身の効きが悪く、足先も動かせる。
このままで切られてはとんでもない!と思い、『左足、まだ動かせるんですけど』とアピール。
先生曰わく、逆子を直そうと右下にして寝ていた影響だとのこと。。。
手術台を右に傾けたり、頭を低くしたり体勢を変えられるが、そのうち気分が悪くなり、最終的に左半身の効きが悪い箇所に局所麻酔薬を注射して手術開始。痛くないかかなり不安(~_~;)

腰椎麻酔なので、先生の会話も聞こえるし、痛み以外の感覚はわかります。お腹切ってるな~とか、臓器が引っ張られてる感覚とか、メスの冷たさとか。不思議な感覚の中、臓器をこじ開けてる感覚が気持ち悪く、その上麻酔薬が上に上がってきて呼吸しづらくなってきました。

息苦しさに耐え、手術開始から10分後、ズズズズズーと液体を吸う音がしたと思ったら助産師さんの『破水でーす』
あ、もうすぐ赤ちゃん出るんだぁ(;_;)
その次に、お腹の中の臓器を一気に引き出されたような感覚になり、体が急に軽くなったと思ったら『娩出です~おめでとうございまーす!!』と言われ、大きな産声が聞こえてきました(>_<。)

産まれてすぐ手術台の横に寝かされ、元気に泣いてる真っ赤な我が子を見て、感動と安堵感で涙が止まりませんでした。

娘はきれいにされて、病室で待つ旦那と母のもとへ。すぐ戻ってきて、私が閉腹するころまで隣で寝てました。

試練はここからでした(=_=;)

娘が生まれた感動で気づくのが遅かったんですが、段々と左半身の麻酔が浅くなってきてました。あとは縫合、閉腹だったんですが、麻酔の効きが浅いところは縫ってる時や、子宮などを引っ張ったりしてる時がそれはそれは痛くて痛くて(T^T)
私、結構痛みには強い方だと思うんですが、時間が経つのがかなり遅く感じ、手術が終わりに近くなるにつれて麻酔も切れかけて痛みも強くなるので、最後らへんは気が狂いそうなほど痛くなってきて、我慢できず声は出るし、知らずと先生に『まだ終わらへんのー(怒)』と、かなり失礼なことを言っておりました<(_ _)>

助産師さんに励まされながらなんとか終了し、ベッドで病室へ戻る。
待っていた旦那と母の顔を見た途端、治療中から今までのことが一気に思い出され、また涙してしまいました(;O;)

長くなったので、術後編はまた後ほど…
| 出産 | COM(5) | TB(0) |
2008-08-14 (Thu)
20080814100215
産院の決められたスケジュール通り、産後一週間で退院となり、実家での育児が始まってます(*^-^)ノ
あっという間に一日が過ぎ、娘の顔も日に日に変化していきます☆

まとまった睡眠が取れないので、想像してた通り大変だけど、入院中のハードスケジュールで鍛えられたお陰で?!なんとかやってます(^^;)

それでは、忘れないうちに少しずつですが出産レポを…
今回は①『術前入院』です。

7月31日
13:30 母に付き添われタクシーで産院に到着。受付で「分娩前納金」を支払い、病室へ案内される。
術前検査は最終妊婦健診日に済ませてるのでナシ。
病室へ着き、指定の病衣に着替えて部屋の説明や術後スケジュール、入院中のことについて説明を受ける。

14:30
NSTを30分施行。
腹部~陰部の剃毛。ラパロに続き、一年のうちに二回も毛を剃るとは…(=_=;)
その後は特に処置もないので、母には帰宅してもらう。
夕食までテレビを見たりして過ごす。(かなり元気!そしてヒマ~(´ヘ`;)

17:00
夕食。時間が早い上にこの日はフレンチ。
妊婦の胃にはかなり多い量だったけど、夕食後は絶食になるので(水分は翌日9:00まで)できるだけ食い溜めする。
食べ過ぎてしばらく動けず(-"-;)

20:00
検温。翌日の処置説明を受ける。
心音計でベビの心音を観察。異常なし☆

21:00
シャワーに入るよう言われ、シャワー室へ。
シャワー後、主治医の院長回診。少し話をしただけで終了。

23:00過ぎ
おもしろいテレビもないし、超ヒマなので早めに就寝。ベビの胎動を感じながら…
眠剤はのまず。

こんな感じで術前は終わりました。
②『手術当日・出産日』へ続く…
| 出産 | COM(10) | TB(0) |
2008-08-06 (Wed)
20080806125511
みなさん、ちょっとお久しぶりです♪

ご報告が遅くなりましたが、8月1日 14:32予定帝王切開にて無事に2518グラムの女の子を出産しました(^-^)v

想像以上に大変で、やっぱり出産ってどんな形であれ、大仕事やなぁと実感しております。

術後はどうなることかと思いましたが、今は傷の痛みもマシになり、歩くことにも慣れてきました。
入院中だろうが、術後だろうがすでに三時間毎の授乳が始まっており、
ベビが寝ている間にもいろんな指導が組み込まれているので、まとまった睡眠はとれず、なんともハードな入院生活です(x_x;)

2日後には退院の予定です。
出産レポについては、また時間のある時にでも…
※無事、出産できるようにとコメントや直メを下さった方々、そしてブログ読者で密かに応援して下さってる方々、本当にありがとうございました☆
とても心強かったです!!
| 出産 | COM(12) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。