05≪ 2017/06 ≫07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-02-11 (Thu)
年末年始の挨拶もしないまま、早くも2月になってしまいました(゜o゜;)
ゆーたんは12月頃からようやく一人で上手に歩けるようになり、今月で一歳半になりました。

今では小走りなんかしちゃってますヾ(^▽^)ノ


それで、前々から考えてたんですが、
ここでのブログを終了しようと思います。

ゆーたんのお顔がだいぶはっきりしてきたので、ここに写真を載せるのは避けたいし、
mixiでも日常のことを書いているので…

アメブロなら本にできるみたいなので、
ゆーたんの成長のことだけ書くブログを、自分用に立ち上げました。

写真と一言、二言だけの親バカ自己満ブログです。
HNもブログ名も変えてます。

公開するほどの内容ではないのでURLなどは書きませんが、
そんなんでも読んでやるよ、しゃーねぇなぁ的な方は
コメントかメッセージなんかでお知らせ下さい★
お返事します。
スポンサーサイト
| ゆーたん | COM(10) | TB(1) |
2009-12-17 (Thu)
流産後、無事に赤ちゃんの供養も終わり、
心も身体もだいぶ落ち着いてきた頃、
家族3人でかかりました。。。


日曜、ゆーたんがやたら泣くなぁと思ったら熱あるし!!
月曜朝、少し熱は下がってるけど念のため近所の小児科へ。

診察の結果、風邪でしょうと。
検査しなくていいのか聞いたら、
『いらんと思うけど、お母さんがしときたかったらやりますよ』と。
で、検査したら『陽性』
この先生、大丈夫か?

私が住んでる区で大流行してるらしく、小児科でも何人か反応が出てました。
だったら検査しておくのが普通でしょう、先生…あきれた。。。

結局タミフル貰って帰ったけど、聴診も形だけって感じだったし、体温も測らないし
帰りも陽性が出たのに普通の入り口から出ていいって言われて、
感染管理ちゃんとできてない!

数日前にこの小児科にMRワクチンを打ちに行ったんです。
潜伏期間から考えて、
たぶんその時にもらったんだろうか…

今回検査せずに見逃されていたら、ゆーたん危なかったかも。

小児科変えよう…


あとでわかったことですが、新型の特徴として、約二割くらいは陽性なのに、
反応が出ずに見逃されるケースがあるのだとか。
娘は陽性が出たから良かったけど、
ニュースで亡くなった乳幼児もこういうケースがあるのかも。

ゆーたんを小児科に連れて行く前に、私も熱が出てたので
私はその足で別の病院を受診。
旦那は会社に遅刻すると連絡して、その間子守しててくれました。

私はまだ早かったのか陰性。
でも高熱だし、関節は痛いし、ゆーたんが陽性出てるので、
間違いないでしょうとタミフルを出してくれました。

旦那も怪しいけど、結局1日お休みを貰って私たちを看病してくれるつもりでした。
が、その数時間後に旦那発熱。
家族全員全滅。。。

ゆーたんが陽性とでる前、実家の両親と一緒に、亡くなった赤ちゃんの供養でお寺へ行ったんです。
両親も危ないかも、とメールをしたら両親共仕事に行けず、
看病に来てくれました。
流産した時から迷惑かけっぱなしだし、
実家にはオペを控えたおばあちゃんもいるので
来なくていいよと言うつもりが、
しんどすぎて連絡しなかったらその間に家に来てました。

ずっと休んでもいられないけど、やっぱり母がいると心強い☆
私達三人では死んでた、確実に。

旦那も12時間経って受診したけど、陰性。
旦那は約二割の偽陽性に入る人でした…

季節性よりも軽いみたいで、熱は二日で下がりました。
あとはゆーたんだけ平熱で落ち着くのみ。

高熱の割に機嫌良くて、おとなしくさせるのが大変でした。

旦那は一週間休めと言われ、その後普通に公休があるので、
結局9連休になっちゃいます~笑

みなさんも高熱が出て、関節痛や下痢(新型の特徴)なんかがあれば、
陰性でも疑った方がいいです。
こうやって見逃されてちゃんと治療せず、重症化するんだと思いました。
大人で高熱が数日続くなんてあんまりないですしね。

先月流産せず、妊娠継続してたら今頃私、どうなってたかしら。。。
どっちもいやだけど…

みなさんもほんと気をつけて下さい!
| 日々のこと | COM(4) | TB(1) |
2009-11-26 (Thu)
亡くなったお腹のベビも、私達夫婦の大切な子。家族。

忘れないように、ちゃんと残しておきたいと思います。

流産と診断されてから、信じられない気持ちと、
現実を受け止めていこうという気持ちと、
入り混じった感じで処置日まで過ごしました。

入院前日は、みんなでクリスマスツリーを飾り付け、
見せてあげたり
お出かけしたり、
お空で寂しくないように、おもちゃを買いに行ったり。


23日

10時◆子宮口を広げるためラミナリア二本挿入→帰宅

19時◆再度来院し、ラミナリア五本挿入→そのまま入院

24日

10時◆陣痛促進剤(膣座薬)を一つ挿入。以降三時間毎に一つずつ挿入。生理痛の軽い様な痛みが出てくる。

13時◆昨日のラミナリアを抜き、二つ目の陣痛促進剤を挿入。
陣痛の痛みは変わらず。

16時◆ラミナリアを抜くと子宮口が閉じてしまったため、再び十本挿入。この時子宮口1㎝ほどしか開いておらず。
三つ目の座薬挿入。

17時◆陣痛の痛みがだんだん強くなる。

18時◆陣痛が五分間隔になる。

18時半◆奥の方でポンと音がしたかと思うと、血液混じりで破水。
陣痛室へ移り、内診の結果すぐ分娩室へ。

19時◆分娩台で準備を整え、再度内診すると胎児、胎盤を娩出。

子宮内容物を完全除去するために掻爬(麻酔なしのため、かなりの痛み)
車椅子で病室へ帰る。


13週4日での流産診断、14週0日で娩出でした。

12週以降の流産は後期流産といって、
胎児がある程度大きくなっているので
初期の流産処置とは違い、出産と同じように『産む』のです。

亡くなった我が子を産むというのは、かなり辛かったです。

胎児は亡くなったけど、体は産む時期にきていないので、
子宮口は開かない。

ただでさえ精神的にぼろぼろな時に、
される処置は痛いものばかり。
悲しいから痛みも余計に感じてしまって、
処置のたびに涙を流し、痛みに耐えての繰り返しでした。

陣痛は子宮がそれほどまだ大きくなってなかったので、
痛かったけど我慢できるくらいでした。

ベビと胎盤が出てくる時も、スルスルっと痛みなく。

その後の子宮内をキレイにする処置が一番痛かった…
先生は麻酔するほどではないと言っていたけど、
生まれるまでずっと悲しみと痛みに耐えてきて、最後の最後にあの痛みがきたら、
本当に辛かった。

痛いのはもちろんだけど、ベビを失った喪失感もあって、
初めてあんな声をあげて泣きました。
処置中ずっと。
旦那はゆーたんのご飯のがあったので、付き添えず。
看護師さんが
『悲しいのも痛いのもガマンせんでいいからね』
と言って、ずっと手を握っててくれました。

我慢できる痛みなのかもしれないし、
先生からしたら麻酔をするほどじゃないかもしれない。

だけど、この本当の痛みは経験したものじゃなきゃわからない。
先生、麻酔なしで臓器の中をかき出されたことありますか?

五分もかからないから、と言われたけど
この時の1分1秒は本当に苦痛。
どこも共通のやり方なんだろうけど、
心が痛い分、少しでも処置は痛くないようにしてほしかった。


病室に戻って少しすると旦那が来ました。

状況を説明して、落ち着いたので
赤ちゃんと対面しました。

小さな箱の中に、ガーゼで布団と枕を作ってくれていて、
そこに胸の前で手を合わせて寝かせてくれていました。

身長12㎝、体重30g。
腕も脚も二本ずつあって、
指も五本ありました。
オマタにちょこんと見えたので、
男の子だったようです。手足がすらっとしていて、
どことなく旦那に似ていました。

外見も異常は見られないし、
繋留流産なのでやはり
原因はわからないそうです。


役所に死産届けを提出し、斎場も予約しました。
おもちゃやお花と一緒に
お空へ送ってあげようと思います。


流産とわかった時は、
一気に地獄へ突き落とされた気分でした。

本当にたくさん泣きました。

だけど、この子からもらったものがたくさんあります。

自分の命をはっておしえてくれました。

ゆーたんの出産はまさかの帝王切開になりました。
やっぱり自然分娩したいと思います。
一度帝王切開すると、次の出産もほとんどが帝王切開になります。
まれに経膣分娩をチャレンジする方もいますが、
やはり子宮に傷があることで陣痛に耐えられず、
子宮破裂、最悪の場合死亡というリスクがあるからです。

だから、今回の出産も必然的に帝王切開の予定でした。

元気に生まれてこれるなら仕方ない、と決めていたけど
やはり経膣分娩への未練はありました。

この先何人産むとしても、絶対帝王切開。
それがまさかの経膣分娩になるとは。

この子の大きさだからこそ、下から産めた。
もっと週数が進んでいれば、陣痛促進剤は使えないし(子宮破裂のリスク)
帝王切開で亡くなった我が子を娩出しなきゃ
いけなかったかもしれません。

もっと初期に亡くなったとしたら、
出産という形では娩出されなかったでしょう。

そう考えると、
この子からいろんなものを気づかされ、
教えられました。

本当にありがとう。。。


しっかり供養してあげようと思います。
| 流産 | COM(0) | TB(0) |
2009-11-21 (Sat)
4ヶ月検診に行ってきました。

つわりもほとんどなくなり、お腹も少し出てきました。


ベビは週数通り大きくなっていて、
卵巣も元のサイズに戻っていました。

だけど、ベビの心臓が止まっていました。

何回確認しても、
二人の先生で確認しても、
私の目で見ても、
動いていませんでした。
4ヶ月半まで育っていて…と先生も信じられなさそうでした。

何が原因で、誰が悪いとかはないというけど、
やはりいろいろ思い出してみては
自分を責めてしまいます。

ゆーたんがいてくれるから、なんとか過ごせているけど、
ゆーたんが寝た後とか、お風呂でひとりになった時には
自然と涙が溢れてきます。


母体への影響を考えて、
掻爬ではなく陣痛を起こさせて
出産と同じ形で体外へ出すそうです。

月曜日に子宮口を広げる処置をして入院、
火曜日には陣痛で出てくるでしょうとのこと。

この処置は激痛だとウワサできくし、
処置後も2日間入院なので
留守中ゆーたんのことも気がかりだし、
もうパンクしそうです。すごい不安です。

診断された日は、ゆーたんがいないところで思いっきり泣きました。
まだ信じられません。


ママのお腹からバイバイしても、また戻ってきてくれるのかなぁ…


この子に会いたかったなぁ…
無事に産んであげられなくてごめんね。
| 流産 | COM(1) | TB(0) |
2009-10-27 (Tue)
すっかり秋らしくなって、着るものに悩みますσ(^_^;)

土曜日は健診でした。
初期の採血、助産師さんの保健指導も受けてきました。

前回の健診で週数を変更されましたが、
それから二週間分ぴったり大きくなってくれていました♪

最終月経から数えるのよりも一週間小さめだったし、
排卵日も特定できないのでベビの大きさで予定日を算出。

本当なら今日で11週1日ですが、変更して10週0日。
予定日は平成22年5月25日になりました☆

ですが多分また38週頃に産むことになるだろうから、
あくまでも『予定』です。

このことはまた後日ゆっくりと。。。


ベビは3㎝という小ささでも、すでに2頭身。
この頃はエコーに全身写るし、ちっこいし、かわいいですよね♪


卵巣の方は健診毎に少しずつ小さくなってるので、
妊娠性のものだろうとのこと。
初診の時6㎝あったけど、今は3㎝にまでになって安心しました。


診察の後は助産師さんとのお話。

体重管理のことや、気になっていることなど…

体重は前回+7㎏で優秀でしたね、とほめられました(^-^)v

今回も同じように頑張ってねと言われました☆

あと、妊娠してから全然胸が張らないことを相談しました。
卒乳後もしこりが残らないようにはしたんですが、
それ以外はケアしていないので、2人目の時にもちゃんと母乳が出るか心配で。

経産婦、特にずっと母乳が活躍していた場合はなかなか張らないみたいです。
でも、前回の妊娠から間があまり空いていないので、
心配することはないと。
ケアは今は初期なので何もしなくて良いと言われました☆

ケアできる時期になったら、スムーズに母乳育児ができるように
ケアしようと思います。

つわりは相変わらず夕方気持ち悪いので、
午前中に夕飯の準備をしたり、
できるだけ外に出るようにしています。
食べれる量も少し増えたかな。
白ご飯も食べれるようになったけど、
お菓子の方が美味しい~
マクドのポテトとか、かっぱえびせん、
ポテチが最高!


次はやっと4週間後。
ゆーたんの時とは変わって、健診補助券がかなり増えたので助かってますヾ(^▽^)ノ
| ゆーたん | COM(5) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。